お申し込み期限:4月14日午後5時

開催日 時間 会場 費用 定員 状況
4月23日(木)-24日(金) 10:00~18:00 ㈱エッチ・ディー・ラボ(新横浜) 98,000円(税抜) 9名 申込み

コース概要

このコースは、FPGA設計の第一人者であり様々な情報を発信しているに「FPGAの部屋」 主宰 小野 雅晃様が作成したコースを提供いたします。 本コースは、Zynqボード(ZYBO Z7-10)を使用し、Vivado HLSで開発した機能を含むデザインをFPGAに実装し実際に動かし、Vivado HLSの基本操作からAXIへの実装方法を習得できます。

コース詳細

コンテンツ提供小野 雅晃様
講師小野 雅晃様
ソフトウェアツールVivado HLS,Vivado Design Suite
ハードウェアZynqボード(ZYBO Z7-10)
トレーニング期間2日間
受講料98,000円(税抜)
受講対象者 Vivado HLSを使ってみたい方・初心者の方
Vivado HLSの操作は、講師とともに一緒に行います。
受講要件FPGA(特にZynqシリーズ)の基本的な知識があること。
コース内容 <ハンズオン>
 Vivado HLSのインターフェースを使って回路を作成する
  ・Vivado HLSで取扱できるデータ型   ・CとC++の任意精度型
  ・関数の引数のタイプによる入力ポート、出力ポートの生成
  ・ブロックレベルのインターフェースとIOレベルのインターフェース
   ・ap_ctrl_hs, ap_ctrl_noneプロトコルなど
   ・ap_hs, ap_noneプロトコルなど
  ・Vivadoを使用してZYBO実機確認

 AXI4 LiteインターフェースのSlaveモジュールをVivado HLSで実装する
  ・AXI4 Liteインターフェースの概要
  ・AXI4 LiteインターフェースのSlaveモジュールの生成方法
  ・Slaveモジュールのレジスタのアドレスマップ
  ・Vivado HLSが生成したドライバの使い方
  ・Vivadoを使用してZYBO実機確認

 AXI4インターフェースのMasterモジュールをVivado HLSで実装する
  ・AXI4インターフェースの概要
  ・AXI4インターフェースのMasterモジュールの生成方法
  ・最初の実装の性能を確認
  ・最初の実装から3段階の性能向上方法を試す(性能差は6.24倍)

 AXI4 StreamインターフェースのモジュールをVivado HLSで実装する
  ・AXI4 Streamインターフェースの概要
  ・AXI4 Streamインターフェース・モジュールの生成方法

<実習>
 AXI4 Streamインターフェース・モジュールIPをVivadoで使用し、ZYBOで実機確認

会場

株式会社エッチ・ディー・ラボ

〒222-0033 横浜市港北区新横浜3-17-6 イノテックビル10F

TEL:045-477-4315  FAX:045-477-4316

地図はこちらをクリックしてください。

チラシ